浮気の証拠を押さえる手段

探偵に頼んで浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。
相手の様子が浮気を想わせた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

でも、浮気の証拠を自分だけで集めようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性はあるでしょう。

その原因ははっきりしており、相手があなたの顔を知っているからです。浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。
そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所ごとにも金額は異なりますので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。
離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するのがオススメです。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。女性の場合、近所に住む奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂のタネになりたくないなら、絶対にしてはいけません。
まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。
探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所の方は情報収集に向いていると言っていいでしょう。